家族の歴史を紡ぐ桜の木と共に暮らすサステナブルな家

グレーのタイルとベージュの塗り壁で、閑静な住宅街になじんで佇むY邸。玄関ホール正面のガラス越しに見えるのは約55㎡の庭だ。庭の中心にあるのは、Yさんの曾祖母が植えた思い出の桜の木。木造SE構法で無柱の大空間と大開口を確保し、LDKのどこにいても木が視界に入ってくるようにした。リビングとダイニングの上部に設けられた吹き抜けからは柔らかい光が注ぎ、2階のカウンターデスクからも、木が眺められる。庭の鑑賞の妨げにならないよう、フローリングに選んだオーク材をキッチンの扉や家具面材、窓枠などでも使用して同じ素材に統一した。また、階段踊り場には昔の家にあったステンドグラスをリユース。家族の歴史と共に歩む暮らしを実現している。

吹き抜けから光が差し、キッチンまで明るいLDK。床はオークフローリング材でソフトに心地よく。壁の一面はタイル貼りになっている。

庭の眺めを満喫できるダイニング。日中は自然光だけでも十分に明るいので、ペンダントライトをつけず、ダウンライトだけで構成してすっきりとした天井に仕上げた。

清潔感と落ち着きがあるシンプルシックな室内から庭を愛でることができる。全館空調を取り入れ、室内全体の温度や湿度を一定に保てるように配慮。

シックなオーク材のキッチンカウンター。ティーセットやワイングラスの棚は、飾る収納を楽しめるようガラス面を設けた。

2階の動線上にはカウンターデスクを設けて、兄弟が並んで学べるスタディコーナーに。目の前に庭に面した開口がある明るいスペース。

階段部分の開口には、昔の家にあったステンドガラスが飾られている。

洗面台の高窓は、お祖父さまのクリニックの診察室で使われてきたガラス板を生かした。ヴィンテージならではの優しい風合いがある。

庭を見ながら過ごしやすいよう、桜の木を囲むようなテラスにした。毎春、満開のときには庭全体が桜色に染まる。

撮影/梶原敏英

美しいディテール

庭の桜の木に向けて数々の窓が設けられていますが、庭から見て窓の配置がノイズにならないように上端をきれいに揃えて配置していることに設計者の細かな配慮が感じられます。

建築知識ビルダーズ編集長 木藤阿由子

カサボン住環境設計+参創ハウテック
https://www.juutaku.co.jp
物件情報
物件名/Y邸
所在地/東京都
延床面積/183.29㎡
1F/102.13㎡
2F/81.16㎡
家族構成/夫婦+子供2人
構造/木造SE構法
性能/耐震等級:3  UA 値:0.40W/K㎡ BEI:0.58
一覧に戻る
TOPに戻る